激ウマ鯛の塩焼きの調理法と焼き塩



今回は簡単な塩の作り方と、
スーパーの魚をマル秘テクニックで激変させる方法を伝授します。

レシピはこちら!

【材料】
・伯方の塩 一袋
・真鯛(養殖) 2切れ
・純米料理酒

激うま塩

【作り方】

・鍋に塩を入れて、弱火で焼く。

・泡だて器で、かき混ぜる

・水分が無くなるまで焼く。

焼き魚

【作り方】

・純米料理酒で真鯛の切れ身を洗う。

・塩をふる。

・5分置いておく。

・オリーブオイルをフライパンに引く

・皮目を下に弱火で焼く

・ゆっくり火を入れる。

・アルミホイルをふわっと置き、じっくり焼く。

▼詳しい作り方は動画をご覧ください。

日本酒

神亀花吹雪

アルコール度15.5度    
精米歩合55%

【説明】
神亀花吹雪(しんかめはなふぐき)は、日本酒の中でも特に魅力的な一本です。

その繊細な風味と美しい名前は、初めての方にも興味を引くことでしょう。

神亀花吹雪は、厳選された米と伝統的な醸造技術を駆使して丹精込めて作られた逸品です。

一口飲むと、華やかでフルーティーな香りが鼻腔をくすぐります。

口に含むと、まろやかで心地よい口当たりが広がり、

上品な旨味と豊かな果実の風味が調和します

その後、口の中で広がる余韻が、神亀花吹雪の独特の魅力となっています。

また、神亀花吹雪は、見た目にも美しい特徴を持っています。

透明で輝く酒身と、ラベルに描かれた花々のデザインは、目でも楽しむことができます。

そのため、神亀花吹雪は贈り物としても最適です。

特別な日のお祝いや記念日に贈ることで、相手に喜びと感動を与えることができるでしょう。

さらに、神亀花吹雪は食事との相性も抜群です。

和食や洋食、さまざまな料理との組み合わせで楽しむことができます。

その繊細な味わいと豊かな風味が、料理の味を引き立て、新たな味わいの発見をもたらします。

神亀花吹雪は、その独特な風味と美しい名前から、知らない人にとっても興味を引く日本酒です。

ぜひ一度、その優雅な味わいと魅力を体験してみてください。

神亀花吹雪の芳醇な風味に酔いしれること間違いありません。

よかったら、おすすめしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA